【Clubhouseの招待】Clubhouseで言われているFOMOとは?【取り残されたくないSNS】

iOS

「Clubhouseの流行りと一緒に目にするFOMOって何?」

そんな疑問に答えていきます。

Clubhouseで広まったFOMO

FOMOとは、取り残されてしまう不安や恐怖のことです。

英語の略語で、「fear of missing out」の略になります。

SNSが広まった現代で、他人との差がみえてしまったりするとこのような感情になります。

気持ちがわかる人も多いのではないでしょうか。

有名な芸能人の話についていけない、などが例としてありますね。

Clubhouseの招待制はFOMOを煽ったものとの見解も

Clubhouseがここまでバイラル、口コミで広がったのはこのFOMOという背景がありそうです。

現代の人たちはSNSであらゆる情報を即座に入手できます。

そのため、みんなが興味を持っているものや、所持しているもの、それらを自分が認識していないと不安感が増すのです。

Clubhouseの文脈で言えば、「みんな招待されてるけど、自分はまだだ」と不安になるわけですね。

不安感を産むことで手に入れたときの熱量を高める

不安感の話をしましたが、僕自身は逆に熱量を高めるための仕組みともとれると思います。

手に入れるまでは十分に焦らされるため、手に入れたときの嬉しさは格別でした。

「やっと手に入れた!」

「自分の招待枠を誰に渡そうかな!?」

という気持ちにさせられるのです。

MOMOというワードも存在

こちらは、他人がSNSに投稿しないことで抱く不安のことです。

the Mystery of missing outの略語にあたります。

他人が投稿しないことによって、「今何しているんだろう?」「どうしたんだろう?」と不安になるのです。

ここまでいくと気にしすぎているかもしれませんが、人間の感情に嘘はありません。

SNSに密着した生活を送る中でこうした症状がでるのは仕方のないことです。

タイトルとURLをコピーしました