【2018】Bluetooth対応ワイヤレスイヤホンおすすめ4選【iPhoneXS,XR乗り換え】

SPONSER LINK

ワイヤレスイヤホンオススメ

ども!桜庭パスタ郎(@apapway)

10/26にiPhoneXRの乗り換えてから、Bluetoothに対応かつ完全ワイヤレスイヤホンの需要が高まってきたなと感じています。

この記事はでiPhoneXやiPhoneXRはもちろんのこと、MacBookでもandroidでも快適に利用できるおすすめのワイヤレスイヤホンをご紹介します!

ワイヤレスイヤホンとは

ワイヤレスイヤホンと聞くとざっくりと有線ではないイヤホンのことだと知っていると思います。
少しだけ種類が別れていまして、完全ワイヤレスイヤホンとワイヤレスイヤホンは違います。
ケーブル部分があるものとないもので違っています。例としてはAppleのAirpodは完全ワイヤレスイヤホンの代表格ですね。

なので、小さなイヤホンを耳にセットするケーブルがないものを完全ワイヤレスイヤホン。
ケーブルありで首にかけられるものをワイヤレスイヤホンと言います。

ワイヤレスイヤホンの良い部分と悪い部分

メリットとデメリットについて書いておきましょう!

メリット

  • 線が絡まることがないので通勤も楽
  • 集中して聞いておける
  • カッコイイ!
  • iPhoneといったハイエンド機種と相性がいい

デメリット

  • 充電が必要
  • 通信環境が良くないと厳しい機種がある
  • 音質にこだわる人には厳しい

おすすめのワイヤレスイヤホンを選ぶには

じゃあ実際にワイヤレスイヤホンを選ぶとしたらどうやって選んでいけばいいかを書いていきます!
様々な軸はあると思いますが、以下のポイントはみなさんが重視しているはずです。

値段・価格

ここはモノを買う上では最重要かもしれませんね笑
ワイヤレスイヤホンですが、代表的なAppleのAirpodsがやはりひとつの基準となるかと思いますが、Airpodsは16800円です。
AirPods - Apple(日本)


そのためある程度はこの値段を基準に考えていくといいと思っています。ただはやりAppleブランドはきちんとよいものを作っていることに加え、ブランド代な部分もなきしにもあらずかな、と思ってますので、もう少し安価では買えるかなと笑

なので、僕の記事では10000円!これを購入ラインとしましょう!
実は僕も、「初めて買う時に出しても10000円までくらいかな」と思って買った経験もあり、いきなり3万円のものを進められても買えないと思いますし、いきなりそこまで出す必要はないと思っています。

充電容量

充電容量なのですが、稼働時間はやはり8時間ほどは表記として欲しいですね。
仕事中や通学・通勤中、カフェで作業する時間を考えても8時間ほど容量がないと毎日充電することになるでしょう。

個人的には2,3日に一回くらいはバッテリーが持つものが使い勝手がいいですね。
旅行中の飛行機や新幹線でも快適に使って、ちょっと気が向いた時にシュっと充電しておけば切れることがないくらいなのがベストです。

この容量は安価モデルだと厳しいイメージですね。

音質

先に言っておきますが、僕はそこまで音質がわかる人間ではありません。笑
しかしながらある程度は良いと言われる音質で聞きたいもの。

そして、ワイヤレスイヤホンの音質をある一定レベルで保つにはこれまた5000円以上のモデルでないと買う意味が薄れてしまうかなと。
3000円くらいのモデルも発売されていますが、どこにお金がかかっているかというと通信の方でそれくらいはお金がかかってしまうのです。
なので音質部分はほぼ0円の価値のものと考えるとわかりやすいかもしれません。
3000円で買うくらいなら、有線のイヤホンを買ったほうがはるかにいいよ、と店員さんに言われたこともあります。

充電規格

地味に僕はここ大事だなと思っていて、充電コードが何に対応しているか、ですね。

USB-type-Bやtype-C(最近のmacのやつ)いろいろありますね。
普及しているものはいわゆるtypeBと呼ばれるandroidや多くのモバイルバッテリーで使われているだと思いますが、最近はNintendo-Switchでも使われているtype-Cが伸びてきました。
そのため、type-Cであるものを使うのが今後快適なのではないかと思われます。

iphoneユーザであれば、ライトニングケーブルが相性抜群ですね。

デザイン

ここは妥協しないほうがいいと思っていて、ワイヤレスイヤホンは半分ファッションのようなものなのでおしゃれでカッコイイデザイン、自分がいいと思うものを選ぶこと!

おすすめワイヤレスイヤホン【RHA MA650】

僕が圧倒的におすすめしているワイヤレスイヤホンはこちら。

デザイン、最高。
通信が途切れることほとんど経験なし。
12時間利用可能(これがすごい)
type-Cで充電可能
お値段12000円で買える

あらゆる面をみても総合で1位をとれると思っているワイヤレスイヤホンです。
アルミのデザインがかっこいいですし、音質もしっかりしていると思います。
3日から4日は充電が必要ありません。
入門としての値段も高すぎず、十分すぎる一品です。

この2018年で買った買い物の中で最初に紹介したいほどのイヤホンです。
2018年のベストバイ!

おすすめワイヤレスイヤホン【BeatsX】

今全体的にど流行していると思われるBeatsX!
プロダクトとしての質はブランド、Beatsが手がけていることでわかるでしょう。

人と同じものを持ちたくない、というこだわりがなければぶっちゃけコレ買って失敗することはまずありません。
そもそもの完成度としてがかなり高いです。

こちらはライトニングケーブルで充電できますし、ペアリングの設定などはiPhoneを基準に作られているため、親和性が異常に高いです。

もはやiPhone新しいものを買ったらこれも一緒に買っておけよといわんばかりの素晴らしさ。

僕の友人は3名くらいbeatsXを買って毎日首からぶら下げていますね笑

公式サイトはこちらから。
BeatsX - Beats by Dr. Dre (日本)

おすすめ完全ワイヤレスイヤホン【AirPods】

先駆者としてはやり圧倒的存在感のAirPods。これははずせないでしょうねーー。
友人に何度か使わせてもらったのですが、まず音質が良い。
わ、これほんとにワイヤレスなのか?と疑ってしまったほどで、これ耳に突っ込んでおくだけでこんなに音楽聞きやすいものなのかと衝撃を受けた覚えがありますね。

値段は少し上がっての16800円です。資金に余裕がある人はこちらを買うのもいいかなと!

こちらはいわゆる完全ワイヤレスイヤホンの部類なので、ケーブルは一切ありません。
なので片方無くした、なんて声も聞いたりしますね。笑

通信の安定性にはかなりこだわっているようで、かなりの性能のよさです。

airpodsは単体で5時間の稼働、バッテリケースも利用すると24時間利用可能です。

おすすめワイヤレスイヤホン【QuietControl 30 wireless headphones】

そして最後にこちらも紹介しておきたいワイヤレスイヤホンでして、ノイズキャンセリング性能がはんぱなく、圧倒的な集中をもたらしてくれるぜ!と友人がとてつもなく推していたイヤホンです。
BOSEのノイズキャンセリングイヤホンといったらこれです!

首にかけるだけではなくフィットさせる部分もついているワイヤレスイヤホンのデザインですね。
お値段は35000円ほどとかなり高価なモデルにはあるんですが、おすすめせずにはいられなかったため書きました。

いいものを書いたい!というものであれば、ブランド、性能とみても間違いありません。

https://www.bose.co.jp/ja_jp/products/headphones/earphones/quietcontrol-30.html

まとめ

さて、シンプルに僕の体験の中からこれはおすすめできるぞ、というワイヤレスイヤホンの紹介でした!
iPhone8あたりからiPhoneX,XRにかけての普及を考えるとどんどん需要は高まるものだと思います!
どんどん良い商品も出てくると思うので、いいものがあれば追記していきたいと思っています!

ちなみに通勤で結構混んでいる電車にのるよ、自転車で通勤・通学しているよ、という人はマジで買ったほうがいいです。
世界変わるものなので、1万円をにぎりしめてぜひ買ってみてください。

それでは!