Saku-Saku 情報発信基地 〜じゃないか説

さくっと楽しく。映画・英語・IT・アプリ・デザインと幅広く日々楽しめるようなものを書いています。

MENU

GoProのある生活。GoProHERO2018年モデルを触ってみた!

SPONSER LINK

gopro

GoProが欲しすぎて、ついに手に入れてしまいました。桜庭パスタ郎です。

2018年4月に機能を最低限にしたGoProHEROなるものが発売されました。
今までのGoProは基本的に3万円を超えていたものばっかりだったんですが、
3万円以下で買えるナイスなモデルがでたのです!

GoProのいいところ

まずGoProの魅力について書いていきましょうか!

なによりも手軽に持ち運べて手軽に取り始められて、いい感じにとれる。
これがGoProなんですね!

ボタンひとつで取り始めることができます!!
めっちゃ本体小さいです!!おもちゃみたい!
広角レンズでいい感じ!!!

この3点に限るでしょう!

iphoneの動画でいいじゃんってなる人もいると思うんですが、あの小ささで動画がとれちゃうよってのがいいんですよね。
旅行に行く人なんかは結構必須な気もします。

でも動画のよさってしばらくたってからみたときにいいなってなるんですよね

HEROの違い

HERO5やHERO6もモデルとしてありまして、何が違うんだってところ、気になりますよね。

ひとことでいうなら最低限のGoProってのがこのHEROなんです。
5、6では画質のよい4Kで撮影が可能だったり、手ブレ補正が効いたりとそりゃお金をかければ違いますよっていう違いはあります。

が、意外とプロじゃない限り1080の解像度でも十分綺麗な動画はつくれちゃうんですよね。
とくにスマホで見るぶんにはまったく問題なしです。

HEROは充電ポートがtype-Cになっているのも、特徴的に感じます。
macbookを使っている人とは親和性がよさそう

買うものが結構ある

本体だけではなく、SDカードなど、揃えるものが結構あります。

棒、補助器具、SDカード、予備バッテリーなんかは揃えた方がいいものかも?

気軽に毎日を残す

今はいったん、日常風景を残せるようにつかっていこうと思っています!
また旅行に行く時にはもっていって、いい動画たくさんとってきますね!