【まだGoProのある生活じゃないの?】GoProHERO2018年モデルを徹底解説

SPONSER LINK

gopro

"#GoProのある生活"に憧れて、GoProが欲しくなりついに手に入れてしまいました。
桜庭パスタ郎です。

2018年4月に機能を最低限にして安価で購入できるようになったGoProHEROなるものが発売されました。
今までのGoProは基本的に3万円を超えていたものばっかりだったんですが、GoProHEROは3万円以下で買えるナイスなモデルなのです!
じゃあ一体どの機能がよくて、どの機能が削れられているのか、実際使って見てどうなのかをまとめていきますよ!

GoProHEROとは

GoProはアクションカメラとして有名な動画カメラです。
スケボの動画や旅行用の動画を撮るのに最適なカメラで、広角レンズであるため非常に臨場感のある動画がとれるのが特徴です。
本体自体もめちゃくちゃ小さく持ち運びに特化したカメラです。
アクション用と言われるだけあって、手持ちで撮る用の棒やヘルメット用、自転車につける用などたくさんのパーツが発売されているのも特徴で
カメラ + その他のものでかなりいろんな動画を作成することができちゃうのです。

ちなみに防水もできているので水の中の綺麗な動画もばっちり収めることができます。
アクションかー、ゆったりした旅行とかばかりだなーなんて人にも実は向いていて、生活を撮りっぱなしにしたり、BBQをずっとタイムラプスで撮りっぱなしにするだけでもかなりいい感じの動画を残すことができますよ!

こんな臨場感のある動画が簡単に撮れるんです。
youtu.be

GoProのいいところ

続いて、僕がガン推しするGoProHEROの魅力について書いていきましょうか!

なによりも手軽に持ち運べて、ボタン一つで手軽に取り始められて、いい感じに撮れちゃう。
これがGoProなんですね!

ボタンを押すだけで撮り始めることできるので、あの瞬間を撮り逃すということがめっちゃ減るんです。
やっぱり思い出にのこしたい瞬間というのは不意に訪れるものなんです。
なので一瞬で撮り始めるか、撮りっぱなしにしておくくらいじゃないと残せないんですね。
その点、GoProHEROはiphoneや一眼レフなどに比べてイケている部分だと思います。


とはいっても、iphoneの動画でいいじゃんってなる人もいると思うんですが、あの小ささで動画がとれちゃうよってのがいいんですよね。
広角レンズで臨場感ある動画に仕上がっているのもいいです。
ぶっちゃけ、旅行に行く人なんかは結構必須な気もします。

どうでもいい瞬間でもめっちゃ良い思い出に映えさせてくれる、GoProHEROにはそんな魅力がたっぷりです。

HEROの違い

さて、GoProHEROは他のモデルのHERO5やHERO6と何が違うんだ?って気になりますよね。

一言で説明するのであれば、"最低限のGoPro"ってのがこのGoProHEROなんです。
HERO5・6では画質のよい4Kで撮影が可能だったり、手ブレ補正が効いたりとそりゃお金をかければ違いますよっていう違いはあります。
やっぱりお金をかければそもそもの性能がよかったり機能が増えます。

が、ぶっちゃけGoProHEROで撮ることができるHD画質で十分です。
スマホでみる分にはHD画質以上あってもあまり変わりません。
なによりも、4Kの撮影をすると容量がめちゃめちゃ食います。
ちょっとした動画でも余裕で1GBを超えちゃって、管理がちょっと大変です。

その他、GoProHEROは充電ポートがtype-Cになっているのも今の時代ぽいですね。
macbookを使っている人とは親和性がよさそうなので、ぜひ!

買うものが結構ある

GoProHEROを新しく買おうと思っている人で注意な点は、本体だけではなくSDカードなど揃えるものが結構あります。

棒、補助器具、SDカード、予備バッテリーなんかは揃えた方がいいものかなーと思います。
amazonで公式のものではないやすいものがありますが、棒は公式の棒を買った方がよかったかなと思います。
棒とGoProHEROのつなぎめ?が甘いのか、動画を撮っているとかちゃかちゃ何かに当たる音がすごく入ってしまって残念です。

気軽に毎日を残す

やっぱり思い出を動画として残すということはすごく価値があることだと思っています。
自分が生まれた瞬間、自分が鳥肌がたった瞬間、人生で一度の絶景。
その全てを、こいつで残しておきませんか?

こんなに素晴らしい製品は、そうそうないですよ!

合わせて予備のSDカードも買っておくと便利です。
なんと1080円(前後)で32GB。
いつでもその瞬間を残しておくための準備は怠らずに!

自分は常に64GBのカードと、予備の32GBを持ち歩いています。