Saku-Saku 情報発信基地 〜じゃないか説

さくっと楽しく。映画・英語・IT・アプリ・デザインと幅広く日々楽しめるようなものを書いています。

MENU

FacebookのPoke機能が面白い説

SPONSER LINK

ども!Facebookで気になるあの子をチェック、桜庭パスタ郎(@apapway)です。

最近になってやっとfacebookの"Poke"という機能を知ったのですが、みなさん知ってました?
かなり知名度引くんじゃないでしょうか。

これ、結構おもしろい機能でして、みなさんにためしてみてほしいんです。 

poke!からの〜poke!
はてしない輪廻の先になにが待っているのか。

Pokeってなに?

Pokeとは、Facebookで相手にちょっかいをかける(自分の足跡を付けること)ことができる機能。 特にメッセージを伝えるわけでもなく、ただちょっかいをかけるだけの機能。 軽く無言で相手の肩をつんつんしながら「私はあなたのことを気にかけていますよ」といったようなイメージ。

公式のfacebook様はこのようにおっしゃっておられます。

イメージは、つん!ってちょっかいかけるかんじなのですね。
なので、これといってメッセージを送るわけでもなく、なにか伝えるわけでもないです。

ただ、相手にPokeがいくだけ。Pokeの通知が行くだけなんです。
それがPoke。されど、Poke。

Pokeの仕方

一番初めにPokeするにはちょっとめんどうです。
だれか、送りたい人のプロフィール画面までいきましょう。

すると、「友達」「フォロー中」「メッセージ」「その他」というメニューがありますよね。
その中のその他をタップしましょう。

そのメニューの中にPokeがあります。
それをタップするだけ。それでPoke完了です。

相手には通知がいっているはずなのです。

"~~さんからpokeがありました"

おー、Pokeきてんじゃーん。っていう。

ちなみにPokeがきたら返信はとっても簡単です。
通知の"~~さんからpokeがありました"をタップすればすぐに返信できる画面に飛びます。
あとはひたすらにお互いにPokeするだけです。
ちなみにPokeすると永遠にとまりません。
なぜならすぐにPoke仕返せるからです。


PokeがくるとすぐにPoke返し。
さらにPoke返し。
からの、Poke返し。

終わることのないPoke輪廻が始まるわけですね。

楽しい

Pokeのいいところは楽しいところですね。
相手が暇なのかどうかチェックするにもいいですね。

ともあれ暇だったらPokeしてみましょう。
すぐ帰って来たらおそらくその人は暇してます。

ぎゃくに返ってこないなら、なにかしてるのかな、と。


通知邪魔じゃね?

Poke Life始めませんか

さあみなさんも楽しい楽しいPokeを始めてみましょう。


Poke違いならこちら。
www.saku-info.net