Saku-Saku 情報発信基地 〜じゃないか説

さくっと楽しく。映画・英語・IT・アプリ・デザインと幅広く日々楽しめるようなものを書いています。

MENU

【マストドン】次世代SNSついに登場か、分散型プラットフォーム!使い方は?【mstdn.jp】

SPONSER LINK

ども!桜庭パスタ郎(@apapway)です。

みなさん"マストドン"を知っていますか?
4日前くらいから公開された新しいSNSです。
英語表記だと、mastodonです。

Twitterに差し代わる、新しい時代の波がきたのかもしれません!!!!


Mastdonとは?

マストドンは、ドイツに住む24歳のEugen Rochkoさんが作成したSNSです。

他のSNSと大きな違いは、サイトが1つではなく複数に分散している分散型SNSだということです。
どういうことかと言いますと、Twitterであれば、Twitterが管理するサーバ上でサービスを展開し、ぼくたちも利用することができていました。
しかし、マストドンであれば、個人のサーバ上でも開設することが可能であり、個々のコミュニケーションが単一の企業によって独占されません。

つまり、個人個人が自由に、個人の上にのっかって利用することができるのです。
いきなりTwitter社がサービスやめます!!って言われたらデータも全て消すことも可能ですし、データは全てTwitter社がにぎっていますよね。
それがなくなるんです。より、個人個人が自由にデータがオープンになったといっても過言ではありません!

よりフリー化された、SNSと言えるでしょう!!!
ポストTwitterなんて言われてもいるみたいですね。

Twitterテイスト

マストドンは全体的にはTwitterと大きく変わりません。ほとんどTwitterでできる内容と同様です。

ツイートが、トゥートと行ったり、RT(リツイート)が、ブーストといったように呼び方に違いはあります。

日本で流行っているサーバ

現在、日本で一番ユーザ数がいるとされているドメインはこちらです。
mstdn.jp - mstdn.jp
22際の学生の人が運営されているようで、注目が集まっています。
サーバ運営は非常に大変だと思いますが、誰にでも運営するチャンスがあると思うとものすごい可能性をもったSNSですね。

また、個々のサーバのことをインスタンスと呼び、インスタンス同士の連携のことを連邦とも呼ばれます。


現在、海外を含めると約700のインスタンスが作られている模様です。

安心感を求めるなら、Pixiv社が始めたPawooへ

個人運営にはパスワード漏洩やサーバのセキュリティの問題が残ります。
ということで、企業がサーバをたてて行っているものなら安心感はあります。

Pixiv社がこの動きにいち早く対応して、"Pawoo"というサービスを開始しました。

【pixiv】「今話題のマストドンはじめたよ!pixivがPawooをリリース!」イラスト/pixiv事務局 [pixiv]


今話題のマストドン(Mastodon)のサーバを、pixivでつくってみました!
名前は「Pawoo(パウー)」
お絵かきする人もしない人も、どなたでも気軽に使ってみてね〜。
https://pawoo.net/

マストドン使い方・始め方

マストドン,Mastdonの使い方の基本はTwitterと同様です。
ユーザインターフェース自体は、ほとんどTweetDeckと変わりません。使ったことがある人ならば、自然に操作することができるでしょうね。

新機能としては、CW(コンテンツワーニング)といった投稿機能があります。
いわゆる、「続きを読む」機能ですね。

Twitterのデメリットというか改善点であった「ネタバレを踏んでしまう」といったことがなくなるような配慮がされています。


iPhoneユーザであれば、アプリもあるのでそちらからでもタイムラインを眺めることが可能になっています。

f:id:Saku-Saku:20170415153302p:plain

マストドンの始め方

始めるには、サーバにアクセスする必要があります。
どのインスタンス、連邦を選ぶことから始まるということですね。
連邦間を超えてフォローはできないと思いますので、まずはユーザが集まっているところで始めるのがよいでしょう。
mstdn.jp - mstdn.jp
とりあえず始めたい人はこちらからどうぞ。

他のSNS同様、メールアドレス、ユーザネームなどを決めてクリックするとメールが届きますので、そちらで認証して開始です。





さあ、次世代型のものが出てきました!!
もしかしたら、今後は個人がさっとサーバをたててコミュニティを運営したりアプリを管理したりする時代が近いのかもしれませんね。
まだまだ始まったばかり、Twitterの黎明期のようだ、とも言われており大きく盛り上がることまちがいないでしょうね!