Saku-Saku 情報発信基地 〜じゃないか説

さくっと楽しく。映画・英語・IT・アプリ・デザインと幅広く日々楽しめるようなものを書いています。

MENU

【ディズニーの必需品】写ルンですのインスタンスカメラでお洒落に撮ろう!

SPONSER LINK

ども!桜庭パスタ郎(@apapway)です。

今日紹介するのは、インスタ映え、SNS映えで有名である大流行中の「写ルンです」です!!!

聞いたことがありますよね、いわゆる"昔のカメラ"ってやつです。インスタンスカメラなんて言い方もしますよね。それが今、めっちゃ流行っているんです。

嘘だと思いますか!?instagramで#写ルンですで検索してみてください、膨大な量の写真が出てきますよw

SNS映え間違いなしのフィルムカメラ

なぜ写ルンですがこんなにも流行っているのかわかりますか!?

今の時代といえば、instagramですよね。そうです。インスタ映えです。笑
昔ながらのフィルムカメラで撮った写真はどことなく味があって、お洒落なんですね。
レトロチックな写真が手軽にとれちゃうインスタントカメラ、これが流行っている大きな要素ですね。

そしてそして、これだけではないんです。"写ルンです"のここがイイゾというポイントを説明していきますね。

現像するまでどんな写真かわからない!

フィルムカメラは現像するまでどんな写真が撮れているかわかりません!
つまり、39枚全て撮り終えてお店に渡すまでどんなものが仕上がっているのかわからないんです。
そう、このわくわく感がたまらない!

iphoneで撮った写真は、すぐに確認できてしまいますよね。自分たちが綺麗に写っているかどうか、常にチェックしてしまっていませんか?
そんなiphone生活にも疲れちゃいます、だったら綺麗に撮れるか、撮れないかわからない一発撮りにまかせちゃうのも楽しいものです。

なんだか噂では成功率は5枚に1枚ほどなんだとか。笑
39枚だったらよく撮れて8枚くらいしかまともなものがないらしいですよ。
でも、きっとその貴重さがまたツボになっているのでしょう!

お洒落な加工もいらない

フィルムカメラの"写ルンです"で撮った写真はまるで加工したかのような雰囲気で仕上がります。
昔ながらのよき雰囲気ですね。レトロチックに加工するフィルターもあるくらいですから、だったら直接フィルムカメラで撮っちゃえ!なんてノリですね。

左下に日付が入る、なんてのもみんながハマるポイントみたいです。

受け取りはQRコード

なんと写真の現像したものはいらないらしいのです。
えっw

なんと今は写真屋さんにフィルムをもっていくと、QRコードが渡されるらしいです。
で、データで受け取ってSNSで投稿する、と。
なんて便利な時代になったのだ。

ファインダーに覗き込もう

僕はカメラが好きな人間なのですが、カメラってファインダーに覗き込むという行為がなかなかどうしてイイんですよ。
デジタルではなくって、レンズを通してそのまま見る世界観がとっても素敵です。
その世界だけに集中して一瞬を切り抜くというのがたまらないのです。

きっと流行っている理由の一部に、そういったアナログなんだけど、どこか生々しいというか、人間らしさというんですかね、そんなのがあるのがいいんだと思います。


お値段

お値段は一個27枚撮りのモデルだと700円前後のようですね。観光地に行くともう少し高い値段で売っているかもしれません。
amazonですぐに買うことができるので、今のうちにポチっておくとよさそうです。
amazonへのリンクは記事の一番したに貼り付けておきますので、そちらからどうぞ!


そんな流行りのインスタントカメラ、ぜひ次の旅行や東京散策、デートに持っていってみてはいかがでしょうか。
おそらく、撮ること自体が楽しいでしょうし、写真はインスタ映え間違いなし、ですよ!