Saku-Saku 情報発信基地 〜じゃないか説

さくっと楽しく。映画・英語・IT・アプリ・デザインと幅広く日々楽しめるようなものを書いています。

MENU

【DIYの王道】ディアウォールが値段も安くて超便利!

SPONSER LINK

ども!桜庭パスタ郎(@apapway)です!


みなさんDIYって好きですか?
いわゆる日曜大工的なものです、自分の家の棚とか、テーブルとかを自作したりすることのことですね。

ほう、好きだと。やってみたいと。
でも、敷居が高いと。何したらいいかわからないと。
カスタマイズした棚を作ってみたい!

OK,熱い思いがあれば、なんでもできます!

みなさんは"ディアウォール"って知っていますか?

ディアウォール

近年DIYを支える大きな柱として"ディアウォール"があります!

どんなものかというと、これですね。
f:id:Saku-Saku:20170331113952j:plain

柱!まさに柱!!!
厳密にはディアウォールというのは柱の上の方の暗い部分のパーツのことです。
こちらをつかって、2x4材と呼ばれる柱になる木材を固定してそこに色々足していきます。

これを使うと自由自在に棚を作成することができるんです!
高さや幅だって自由自在です!
強度はしっかりと知識をいれて強化すればテーブルとしてだって使えるんです!

ディアウォールの利点

さて、メリットについて並べていきましょうか!

部屋の壁を傷つけない

大きなメリットとしてあるのはこちらでしょう!
賃貸のマンションとかって部屋の壁に傷をつけてしまうと怒られちゃいますし、返す時に敷金から大幅にひかれてしまいます。
それは避けたい!

はい、ディアウォールであれば問題ありません。
これは壁に穴を開けたりして固定するものではなく、床と天井に力を加えて固定しています。
上下にしっかりとはめこんで固定するんですね。

なので壁も傷つけることなく、かなりしっかりとした柱を作ることができるんです。

棚の高さ、幅など自由自在

はい、こちらもディアウォールの素晴らしい利点ですね。

棚の高さとかって、市販のものだと固定されているじゃないですか、80cmみたいな。
それってその家具に合わせてインテリアを考えないといけないですよね?
本当に目指す家具の配置、利便性はそれで生み出せますか?

ディアウォールを使えば自分の生活に合わせた棚を作ることができるんです!
背の高さや手の届く範囲などを考慮して組み立てることができます。
これはすごいですよ!

f:id:Saku-Saku:20170331114748j:plain
これ、自作したテーブルと棚なんですがものすごく便利です。

テーブルの高さもしっかりと生活に合わせたものにしました(シンクの高さと同じ)
上についている棚も、後から足したり高さがあっていなければドライバー一本で変更することができるんです。

必要なもの

まずは作りきる肉体ですね。笑

というのは置いておいてですね、必要なものは以下にリンクとして貼っておきますね。

  • ディアウォールのパーツ

これがないと、2x4材を上下に固定できません。これは必須アイテムになります。
だいたい1000円前後で上下セットで購入することができます。
見た感じは、amazonで買うと安いなぁという感じです。

ただ、ホームセンターでもしっかり売っていますし、すぐに手元に欲しい人は直接買いましょう。

  • 2x4材(柱部分)

これは立てたい場所の上下の高さを測ってホームセンターで切ってもらう必要があります。
ディアウォールのパーツによって、高さ-4cmであったり、-9.5cmであったりするので注意しましょう!

  • ドライバー

これはネジで固定する際に必須ですねw
だいたい家にあると思いますが、ない場合は買いましょう!

ラチェットと呼ばれる機構がついているものが圧倒的におすすめです!

  • ネジとL字金具

これは強度や柱デザインによって自由に選びましょう。
何本ほどL字をつけるか、ネジの太さや長さもしっかりと考慮する必要があります。
貫通してしまってはだめですしね!

L字のデザインをきめたら、それに応じたネジを買うといった流れですね。

僕が作った際のものは、L字パーツが100円ほどのもので、ネジ穴が3.5のものをたくさんかいました。
長さは20とか、16のものでした。

カスタマイズ性があり愛着がわく

さて、ディアウォールすばらしいですよ!
ぜひみなさんも休日にチャレンジしてみてください!


f:id:Saku-Saku:20170331120732j:plain
これはワイン棚にしました。
お酒をたくさん増やして飾っていく予定です!