Saku-Saku 情報発信基地 〜じゃないか説

さくっと楽しく。映画・英語・IT・アプリ・デザインと幅広く日々楽しめるようなものを書いています。現在FF15をプレイ・攻略中!

MENU

カタンの開拓者というボードゲームが面白い件【ルール・戦略・必勝法】

ども!世界旅行中に各国のボードゲーム教えてほしい、桜庭パスタ郎(@apapway)です。

今日はですねー"カタン"という有名で面白いボードゲームについて書いていきます。
割とどこかで聞いた!なんてことがあるんじゃないでしょうか?
正式名称はカタンの開拓者といいます。

カタンの面白さとは?カタンの必勝法について迫る!?

カタンは面白いのか?

まず気になる点としてはカタンが面白いのか?ということですよね。
おもしろくないんだったらやりたくねぇ!ってのもわかります。

カタン、面白いです。

個人的には最近やったボードゲームっぽいものの中でも上位に食い込むおもしろさですね。
ゲームを比べること自体が御法度かもしれませんが、人狼などよりもカタンのほうがおもしろく感じますねー。
まったくジャンルの異なるゲームなのですが。笑
テーブルを囲んで物に触れつつあーだこーだみんなでじっくり考えながらプレイするのが好きな人はカタン、好きだと思います。

麻雀が一番面白いかな?

じゃ、一体カタンの何が面白いかについてを語っていきましょうかね。

自分の領土を育てていく楽しみ

みなさん、育成すること、好きでしょう。
街を拡張したり、土地を肥やしたり。あるいはたまごっち的なもので自分のペット(?)として育てたり。
手塩にかけて育てたことに対しては愛着がわいちゃいますよねー。
やらなくてもいいことだって余計に手をかけちゃう。

そんな育てる楽しみがこのゲームにはあります!
詳しいルールについてはググってもらった方が早いので省略しますが、自分の領土拡大の楽しみがあるのですね。

ここはオレんところだぞ〜〜街つくっちゃうぞ〜と。

そしてこのゲームは領土を広げると毎ターンアイテムがもらえる確率があがっていくのです。
サイコロを毎ターン最初に振って、その出た目によってアイテムがもらえたりするのですが自分の土地が潤っているとウハウハなわけです。笑
あっれ〜まーた出ちゃったよ、うち、豊作だっな〜と煽れます。

運ゲーと戦略のバランス

カタンの良いところは運ゲー感が強い印象がありますが、戦略も重要だというところでしょう。
なに、他のゲームでも言える?確かに。笑
それはそうなんですが、確率なども比較的考えやすいし、直感でもなんとなくいけちゃうくらいなバランスなのです。

さらに、カタンにはもう1つ大きな要素がありまして。
プレイヤー同士で交渉ができちゃうのです!!

このことによって運による部分をもう少し戦術でどうにかなるように調整しているのですねー。
ある意味話すのがうまかったり騙すことが上手な人、全体を俯瞰してみることができるひとが強くなるゲームかもしれませんなー。

ちなみに交渉というのは手持ちの資源、いわゆるアイテム的なものを相手と交換できるのです。
こっち、鉄1つ出すから麦2つ出してよ。みたいな。
理不尽な要求をしたりして、いらねーよってなるのも醍醐味のひとつ。


とはいうももの結局サイコロの出る目が重要すぎますので、初心者でも案外勝てちゃったりするのもやっぱりボードゲームには必要な要素ですよね。

4人でプレイ可能

個人的には4人でプレイ可能なのが良いポイント。
やっぱりゲームするには4人でしょう!そして4人で集まることが多いでしょう!

大人数だと集まるのも大変ですからね、4人くらいがちょーど集まりやすいんですよ。
1人多く集まって5人になったって、一回待っててもらったりしたらいいんです。
スマブラするときだって4人だったでしょう!?ということは4人is BESTなのですわ。

拡張版などではより多くの人数でプレイする事が可能になっているみたいですね。
ただ、ターンが回ってくるのが長くなると思うのでやはり4人がいいんじゃないかなーというイメージ。

それなりのプレイ時間

そしてカタンの面白いところは結構プレイ時間が長い事。
すぐにスッパーンて終わらずにじっくりと腰を据えてバトルできるところも良いですね。

何度かプレイしてみて平均的な時間は90分くらいですかね。
だいたいこれくらいの時間で1試合が終わります。
どこかのサイトでみかけましたが、サイコロを振る回数でいうと50回くらいだそうです。

必勝法

そんなカタンの必勝法はあるのか?!ということですが、当然長年プレイされてきたゲームということで必勝法はありません。
必ず勝てる方法はないのは当然。
必勝法がないゲームの方がおもしろいはずですからね!

ただやはり戦略はあります!
変換を重視するのか、街道を重視するのか?
10ポイントを獲得するために効率的な攻め方というか方針のようなものはあります。

10点までの組み合わせも多数ありますからね。
その多さのバランスがちょうどいい気がします。
また目指すにあたって相手との兼ね合いがその場その場で発生して絡み合っているのが良い。

あっちを邪魔すればこっちが不利になるしこっちが有利になっちゃうとみんなからいじめられちゃうし・・・的な?w

用意がいる

ただ、ゲームボードが必要になるのは大変ですね。
旅行先に持って行ってやりたい感じのゲームですがボードをまるまる持っていくのは鬼。
そこはちょっと残念ポイント。

長期休みにいいですね

家族で、友達と長期期間などゆっくりとできるタイミングで楽しめるゲームです。
大学生であれば春休みなどにみんなで楽しむのにもってこいですね!

最近集まるのはいいけどやることないなぁなんて思っているコミュニティがあれば、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか!?
みんなで割って買えば高くありませんし、ある意味最初にお金を払えば永久的に楽しめますからね!
おもしろくないのであればメルカリで売り飛ばすことだってできちゃいます。

ボードゲームのハードルは購入しないと楽しめない事、だと思います。
そこさえ乗り越えれば楽しい時間が待ってます!工夫してどうやって買うか考えましょう。笑

ただし、
・ボードゲームがあまり好きじゃない人
・交渉という曖昧なルールが苦手な人
・1試合に時間がかかるゲームが嫌いな人
は買わない方が良いです。

逆に、人数を集めてわくわくした気持ちでゲームしたい人や、じっくり考えながらゲームしたい人にはオススメです。
おもしろさは保証できるので、ご安心を。


購入するならいますぐに!必要になる前に買っておく事で機会が生まれてくるんですよ!