Saku-Saku 情報発信基地 〜じゃないか説

さくっと楽しく。映画・英語・IT・アプリ・デザインと幅広く日々楽しめるようなものを書いています。現在FF15をプレイ・攻略中!

MENU

【怪しい?】写真を撮るだけでお金に変身、新時代アプリ"CASH"がやばい!?【資金提供レンディング】

みなさん!!桜庭パスタ郎(@apapway)です!

CASHという狂ったようなサービス、アプリをご存知でしょうか!?
なんと写真を撮るだけで査定が完了し、即お金に変えることができるアプリなのです!!
しかしこのアプリの本質はものを売ることにありません

これはメルカリを超えるようなアプリが出てきたかもしれません。
と思いましたがこのアプリの価値の部分は異なるところにあると思いました。

お金を貸す、そういったベクトルのサービスです。
その仕組みの一環としての質屋と言うスタイルのアプリ。

CASH、とんでもないアプリだ!



CASHとは

STORES.jp創業者である、光本さんが手がける、新しい「即入金」される質屋アプリです。
何と言ってもCASHの特徴は、
"写真を撮るだけで即入金される"というものです。

驚いたことに、査定に関して人力ではありません。
なんと機械が勝手に判定して、お金にしてくれるのです。
これには驚きました。写真を撮るだけでその場で判定するのです。

つまり、家にあるいらないものを写真で撮った瞬間にお金に返信させることが可能というとんでもないアプリ。

その場で査定といいましたが、こちらは人工知能的なものやAIが写真から状態を判断して査定している、ということではないと思います。
ブランド品と状態である程度の金額が決まっていると思います。

ものを売るアプリではなく、レンディングサービス。

ソーシャルレンディングとは「お金を借りたい人」と「お金を投資したい人」を、インターネットを通じて結びつけるサービスです。

使い方

まずはアプリをダウンロードしましょう。

携帯電話番号を聞かれますので、入力してSMSに番号が送られてくるのでそちらを入力して認証を完了させましょう!

認証について

アプリをインストールすると、認証があるのはスマートフォンの電話番号のみ。
SMS認証だけでそれが終われば即サービス開始というもの。

使用画面

f:id:Saku-Saku:20170628223533p:plain
TOP画面に移行します。
この画面が基本の操作画面になります!

メニューバーの真ん中が「キャッシュ」の機能で、ここから写真を撮って査定します。
撮影における必須項目は

  • ブランド
  • カテゴリ
  • コンディション

です。
3つを入力し終わったら、アイテムを撮りましょう!

写真を撮ると、査定が始まります。
f:id:Saku-Saku:20170628224149p:plain
写真に使った水は今回関係ありませんので、ご注意を。


f:id:Saku-Saku:20170628224146p:plain
すると、査定金額が出現!

CASHは写真だけで査定を終えてしまいます!

ここで、査定額を見て

  • キャッシュにする
  • キャッシュにしない

を選択します。
ここでキャッシュにしてしまうと、キャンセルに少し手間取ってしまうので注意を!

と、これだけでキャッシュになりました。ものすごいわずかな時間でものを売ることができてしまいました!!

言い換えると、お金を借りるための手段の一部、ですね。

この後の流れ

この後は、荷物をダンボールに詰めるなりして、集荷を待つことになります。

なんと、ヤマト運輸のドライバーが直接家にまで商品を引き取りにきてくれます。

なので、売った商品をまとめてダンボールに入れて、ヤマトに人に渡すだけ。たったこれだけです。
郵便局に行く必要もありません。

アイテムの送料についても、無料です!!

引き取りの際に住所と、集荷希望日、希望時間を入力する必要はあります。



注意点

お金関係

同時に査定して、保持できる金額は20000円になります。
それ以上になる査定はできません。一度出金する必要があります。

出金には銀行口座、もしくはコンビニ出金を選ぶことができます。

コンビニ出金というものは、店頭にある端末を操作することによって所定の番号が発行され、レジで現金と引き換えられるといったものです。

査定額の最大

ひとつのものに対しての査定額の最大は2万円となっているようです。
ここがポイントで、取引額が2万円に達すると次の取引が行えません。
ここで、しっかりとした歯止めが効くようになっているみたいですね。
何か不正がある人には2万円でストップされる、ということです。

お金にして売らないという選択肢もある

一旦売る扱いにして、お金を得てから「やっぱり売りたくないな」というものは返金することで売らないという選択肢をとることができます!
キャッシュにしてから2ヶ月間は集荷まで待ってもらうことができるので、それまで考えるということが可能です。
そこで、売ってしまおうと思ったら集荷してもらい、残そうと思ったら残すということができます。

ただし、注意点が返金の際には15%の手数料が必要である、ということです。
20000円の取引で、3000円必要になりますので、これは頭にしっかりと残しておく必要がありますね。

パプアニューギニアからの着信?

CASHを登録してから 675 7089 4066からの着信がある、という話があります。
海外からの電話となっているので、とらないように注意しましょう。

また、直接的なCASHとの関係があるかはわかりません。

メルカリ危しか?

使ってみた感じでは、ものすごく手軽かつスピーディです。
あまりのスピード感に正直驚きを隠せません。

エンジニアの自分からすると、以前の現金騒動を受けて即開発に取り組んだのではないかと睨んでいます。
ものを売ることでその場ですぐに利用できるお金を作る、そこに価値を感じたのでしょう。
なんとも素晴らしい着眼点だと思います。

このアプリの価値提供の部分はそこだと思います。
即座に現金が欲しい人が一時的にでもお金をつくることができる。
あとから15%返せば、解決なんてこともできますからね。

それでいてメルカリのような中古品を売ると言った側面も持ち合わせたとんでもないアプリに感じます。

今後の展開に目が離せませんね。

追記
こちらの記事にレンディングサービスの本質に近しいものが書いていました。
やはり、睨んでいた通りの価値部分を提供するアプリのようです。

あくまでグレーゾーンにいくためのものを売る、そのキャンセル料という仕組み化をしているだけ。
挑戦的な企業を応援したくなりますね。
“質草”の写真を撮れば審査なしで資金提供——STORES.jp創業者の新レンディングサービス「CASH」 | TechCrunch Japan