読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Saku-Saku 情報発信基地 〜じゃないか説

さくっと楽しく。映画・英語・IT・アプリ・デザインと幅広く日々楽しめるようなものを書いています。現在FF15をプレイ・攻略中!

MENU

超一流の雑談力を読んで雑談力がついたかどうか【話題の一冊】

どうも!さくさく (@apapway) です!

人とのコミュニケーションが大事だぞ、とすごく言われる時代になりましたね。
でもコミュニケーション力があるということはどんなことを表すのでしょう?

人とのコミュニケーションがうまい、それはつまり雑談がうまいと言い換えることが可能でしょう。

そんな雑談がうまい能力、雑談力について書いている本を読みました。

"超一流の雑談力"

一流の人が心がけている雑談のテクニックとは?

超一流の雑談力について

著者は 安田正さん。
コンサルの企業の取締役をされているみたいですね。
この本以外にもたくさん出されています。

定価は1380+tax円。
比較的手頃な本ですね!

文響社からの出版になります。

読んだ感想

これは確かに大事だ、と再認識ができる本でした。

雑談力について書かれており、あーたしかに!となる内容が多かったです。
僕個人としてかなり新しい、新鮮な情報はなかったですかね。
実践しているかな?と思うこともたくさんあったかな、という印象。

それでも人と会話するための基礎、基本知識についてはしっかりと書かれている本です。

雑談によって人生は左右される。
これは僕自身も本当にそう思いますし、雑談する力は人生で必ず必要になる、あったほうがよいスキルのひとつです。


自分が人との会話で盛り上がった時の記憶、そのとき何の話題で盛り上がったか、なぜ盛り上がったかを普段から覚えておくとよいですね。
また、自分の知識は広く浅くもとうとする姿勢も大事だと思いました。

個人の意見とこの本をまとめるなら、
相手に好きになってもらおうと努力して、その姿勢をきちんと相手に伝えること
これが重要です。


よかったところの抜粋

  • 話芸の達者な人は、このオノマトペと、さらにその言葉に合わせた身振り手振りを使うことで、話に臨場感を与えるのです。
  • テッパン話は三回練習するとモノになる
  • 笑い話は記憶に残りにくいが、興味のある話は記憶に残りやすい
  • あいづちのさしすせそ さすがですね。知らなかったです。素敵ですね。センスがいいですね。それはすごいですね。
  • 自分が生活の中で頑張っていること、こだわっていることを褒められれば、誰だって嬉しいわけですね。
  • 親近効果というのは、終わりの印象が残りやすいということです。
  • 何についての話なのかを10秒で伝える
  • ポイントとしてはどれだけ長くても17秒以内で、できれば10秒で話せるとよいでしょう。
  • できるまで、とことんやりきれる人間が超一流になる