Saku-Saku 情報発信基地 〜じゃないか説

さくっと楽しく。映画・英語・IT・アプリ・デザインと幅広く日々楽しめるようなものを書いています。

MENU

【おしゃれすぎて笑う】代官山蔦屋書店に行くべき3つの理由【代官山TSUTAYA】

SPONSER LINK

どうも!さくさくです。

 

みなさん、代官山といえば何を思い浮かべますでしょうか?

ランチ、カフェ、ファッション・・・このあたりのワードがふわふわと頭の周りをうろついていると思います。

 

しかし!!代官山には超絶おすすめスポットがあるんです!

それが、TSUTAYAです!あのつたや!

代官山蔦屋書店!

騙されたと思っていってみてください、あまりの綺麗さ、おしゃれさのクオリティに圧倒されます。

代官山の蔦屋書店には行ってみるべき理油があります。

ぜひこれを見ているみなさんに行ってもらいたいです!

いってみたくなるような理由を3つ、考えてみました。

1.建物もはや美術館レベル

もの売るレベルじゃねーぞ!といいたいくらいに綺麗な造りになっています、蔦屋書店。

駅から少し歩くことになるんですが、それまでに代官山のおしゃれなお店をたくさん見て「おお〜〜」となっているはずなんですが、蔦屋をみればさらに「おおぉ〜〜!」となります。(体験談)

 

最近おしゃれな本屋さんとかが流行っていますが、この蔦屋がそのブームの火付け役になったといっても過言ではないはないでしょうか?

もちろん、あくまでも"TSUTAYA"ですので、漫画やCDも売っていますし、映画も普通にレンタルすることもできます。

こんなところでレンタルする人いねーだろ、みんな買うんじゃねーのって思いますが。笑

 

ともあれ、本の陳列からCDの陳列、文房具にいたるまでとにかくおしゃれになっています。内装もものすごい雰囲気。

 

それだけをぶら〜っと見に行くだけでも十分に価値が感じられます。

誰か素敵な人との出会いもあるかもしれませんよ!

 

2.カフェもたくさん

おいしいカフェに行けます。

 

代官山ということで周りにカフェもたくさんありますが、蔦屋の中だけでもラウンジがたくさんあって本を読むことができますし、

2Fに上がれば超かっこいいカフェがあってそこでお茶することもできるんです。

もちろん、スタバも入っていますよ。

読みたい本をぶらりと探して、試し読みする人もいれば、本とコーヒーを買ってお店まわりにあるベンチやテーブルで読書する人もいる。

 

蔦屋の周り全てがもう蔦屋の一部みたいになってるんですね。

お互いのシナジーがすごい。景色もいいし、わんちゃんと散歩している人もいるし外国人のかっこいい人もいるし、カップルもいる。

そんな雰囲気があったら誰だって本がほしくなりますし、ちょっと読んでいこうかなという気持ちになっちゃいますよ、そりゃ!

 

僕もぶらりと遊びにいくと今日は買わないぞ、と決めていても一冊買ってしまうケースがほとんど・・・。

 

3.周りを走る車がすごい

あの辺、ずばり高級住宅街です。

その辺の駐車場に止まっている車を見ていると、

ベンツ、ベンツBMW、mini、FIAT、テスラ

え?テスラ?

 

ちょっとびっくりして目ん玉飛び出そうになりますが、それはもう高級な素晴らしい車がたくさん駐車されています。

これを見に行くだけでも十分に面白いです。笑

住宅街を練り歩いている時にも止まっている車を見ていくとレベル高すぎてわらってしまいます。

 

アクセス

東京都区内からであれば、どこからでも最長でも35分ほど電車にゆられればつきます。

近くに「代官山駅」があるので、乗り換えアプリの到着駅に入れて検索すれば一発ですよ!

ちなみに公式サイトのアクセスはこちらから。

real.tsite.jp

 

ぜひみなさんも行ってみてくださいね。