Saku-Saku 情報発信基地 〜じゃないか説

さくっと楽しく。映画・英語・IT・アプリ・デザインと幅広く日々楽しめるようなものを書いています。

MENU

【キングコング西野】えんとつ町のプペル発売!

SPONSER LINK

どうも!さくさくです。

 

ついに本日10月21日、キングコング西野さんの描いた絵本

えんとつ町のプペルが発売となりました!

 

 そのことについてまとめてみようと思います。

 4年半描き続けて仕上げた傑作

なんとこの絵本、西野さんは4年半かけて完成させたと言っています。

ものすごい歳月を注いで描きあげた力作のようです!

 

描いている時は、

「芸人なのになんで絵本をかいてるんだ」といった批判やいろんな言葉を投げかけられ続けていたそうですが、

それに負けずに最後まで「描く」ということを貫き続けました。

その「負けない!」という姿勢は本当にすばらしいものですね。人の批判に堪えられるメンタルは何をするにも大切となりますから!

 

 

CAMP FIRE で3700万円集まる

campfireという支援をしてもらうためのプラットフォームサービスでなんと180万円集めようとしたところ、

3700万円集まりました。すごい。

支援者はなんと約5500人。

 

CAMPFIREはいろんな人から少しずつお金を出してもらって(資金)何かやりたいことを実現しようというクラウドファンディングのプラットフォームです。

同じようなサービスとして Makuakeとかがありますよね。

 

さて、キングコング西野さんがこの支援金を集めた理由は

「絵本のえんとつ町のプペル発刊にあたって、個展を開いて小学生の入場料を無料にしたい」というものでした。

 

それがこの金額集まっています。

すごいことですよね。

 

果たしてどれくらい売れるのか? 

発売となりましたが実際にどれくらいの部数まで伸びていくんでしょうか?

本の中身自体も気になるところです。

 

西野さんは「ディズニーランドの倒し方がわかった」までも言っていますし、この本がでたことで大きく動き出すことは間違いないです。

今まで馬鹿にされてきた分をまきかえせるのでしょうか!?結果はともなってくるのでしょうか!?

非常に気になるところですね!

 

ただ現状amazonでのレビューは3つしかないですし、そこまで話題にのぼっているような気もしません。

初動でこれだとあまり伸びがよくない気もしますが、どうなのでしょう。

みんなで見守っていきましょう! 

 

 感想を書きました。

【えんとつ町のプペル感想・評価】長年耐え抜いてついに出版えんとつ町のプペル、読んでみた【キングコング西野】