Saku-Saku 情報発信基地 〜じゃないか説

さくっと楽しく。映画・英語・IT・アプリ・デザインと幅広く日々楽しめるようなものを書いています。

MENU

ZERO LATENCY VR でゾンビたくさんぶち抜いてきた!【東京お台場ジョイポリス】

SPONSER LINK

どうも!さくさくです。

 

先日こちらをプレイしてきました!

動き回れるVR!

せまりくるゾンビを撃ちまくれるVRゲームです!!!

お台場にある、東京ジョイポリスという場所で体験できる新しいアソビ!

tokyo-joypolis.com

 

 ZERO LATENCYとは

『ZERO LATENCY VR』(ゼロ レイテンシー ヴィーアール)とは ZERO LATENCY社(オーストラリア)が開発した“世界初”となるフリーロームで6人同時プレイが可能なVRアトラクションです。 導入時のコンテンツはシューティングゲームを予定しています。 メルボルンにて約1年間「β版」の営業を実施。その圧倒的な没入感によりSNSを中心に話題が広がり、現在予約が困難なほど大ヒットを記録 しています。今回満を持してその「正式サービス版」が世界初登場となります! 『ZERO LATENCY VR』最大の特徴は、プレイヤーが能動的に動くことが出来る「フリーローム」と、他のプレイヤーと協力プレイが可能な 「6人同時プレイ」になります。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を利用した最新のVR技術と、フリーローム・マルチプレイという ゲーム性により、圧倒的な仮想現実への没入感を体験することができます。

引用元:

ZERO LATENCY VR

VRを本格的にゲームに落とし込んだものが ZERO LATECYです。

そしてこれの特徴が、

動き回りながらゲームをプレイできる

ことですね。

なんとVRを装着しながら実際に動き回ってゾンビを倒せるのです!

 

これ、めっちゃめちゃ楽しいです。

振り向いたら目の前にゾンビがいたりするんですよ!?!?

普通にうわっって声でちゃいますw

 

料金とかは?

これをプレイするために必要な資金は基本的に

約4000円とみていいと思います。

内訳としてはこんな感じ

  • お台場までの交通費
    ゆりかもめに乗ることになると思います。メトロに加えて、ゆりかもめのお金を考えると大体片道500円程度。
  • ジョイポリスへの入場料 800円
  • ゼロレイテンシープレイ料金 1800円(土日祝は2000円みたい)
  • ご飯とか笑

つまり、5000円札を握りしめていけば色々とお台場も含めて楽しめるということですね。笑

 

体験してみて

このVR動き回れるということで本格的に自分が銃をもって、歩いて、ぶち抜いている感覚になれます。

すごい感覚ですね、実際に銃もってバンバンやる経験なんてありませんし、ゾンビもいませんからね。笑

 

そしてこれ、六人同時プレイなんですが、仮想空間にいても相手を認識していて見えるんですね!

そこに誰かがいるのがきちんとわかります。なので、ぶつかることも基本的にありません。

 

さらに、通常のVRでは結構酔うらしいのですが、これ、酔いませんでした!

実際の動きと連動している分、酔いにくいんでしょうねー!

 

予約した方が確実

ネットから予約ができるため、ネットで時間を指定していきましょう!

その際、時間は15分前集合になるので注意!

お台場までの移動距離や、駅からの移動も考えての時間でいきましょう!

友達と待ち合わせも早めに設定することがおすすめです!

 

スコアとかでます

ゲーム終了時にスコアがwebページでみることができます。誰が何回死んだだの、誰かゾンビ倒しまくっていただの。笑

自分がプレイ時は、自分のスコアの3倍くらいのめちゃすごいゲーマーがいましたw