Saku-Saku 情報発信基地 〜じゃないか説

さくっと楽しく。映画・英語・IT・アプリ・デザインと幅広く日々楽しめるようなものを書いています。

MENU

格安SIM、格安スマホって何なのか?

SPONSER LINK

みなさん!!こんばんは。

 

世間的には少しずつ浸透してきて、一部の人が持ち始めている(で、あろう)格安Sim。

実はかなーりお得なプランを用意していて正直圧倒的にそっちの方がいいんじゃないの?ということをよく聞きます。

友人が実際に替えようとしていてお話を聞けたのでまとめてみます!!

 

f:id:Saku-Saku:20160519154641p:plain

 

格安SIMってなんですの?

はじめに、そもそも格安SIMというのは、簡単にいうと月々のデータ通信の支払いが安く済むSIMカードです。

私たちが普段つかっているスマホというものは、SIMカードというものが挿入されており、それを認識して通信を行っています。

それぞれの通信会社が行なっている通信を利用する許可カードのようなものです。

これが刺さっていることでデータ通信が可能になり、LINEなりtwitterがみれたるするようになるわけですね。逆にないとネットに接続できず、ほぼなにもできません。

 

 

そして日本の多くの人は、大手携帯会社のどれかに加入してそのSIMカードを使っています。

それぞれの会社で独自のSIMカードを取り扱っており、それで通信を行ってます。

それってSIMカードを入れ替えたりしたら他の通信会社のを利用できたりするんじゃないのか?

という疑問が出てくると思うのですが、実はそれを企業がロックしておりできないようになってます。

もっと言えば、iphoneを購入した段階からauで買えばauのSIMしか認識しないようになっているみたいです。

 

さらに、悪く言えば、ロックをかけることでその企業でしかそのiphoneは使えず、またデータ通信もそこでしか行えないために、高額の通信料をとることができる、という図式が出来上がってしまっているのです。(おそらく)

 

そこで格安で通信ができますよ!と登場したのが、格安SIMなわけです。

 

格安SIMを利用するには?

さて、格安SIMがどのようなものかわかってもらえたでしょうか!

安い通信が行えるSIMカード、変えたいですよね。

 

安いんだったらみんな変えるんじゃないのか?ってところですがいまいちそうなっていない現実があります。
主に、手続きがめんどくさそうであったり、違約金が発生したり、時間がそもそもない、周りに変えている人がいないので怖いといった理由があるのでしょう。

 

格安スマホにしたい人は、現在契約している企業へいって、電話番号を保持したまま他社に契約を移すための予約番号のようなものをとって、

変えたい企業の携帯を取り扱っている場所に行く必要があります。

 

 

実際どうなんですか

変えた方がいいのかということでは、変えた方がいいと思います。

ただ、変えるタイミングやきっかけ、勇気が必要になるかなぁと。笑

 

変えるメリット

月々の通信が圧倒的に安くなる
(8000円→4000円ほどの感覚)

携帯本体の代金が安い

他のSIMカードを挿入できる

 

デメリット

変更手続きが多少めんどい

違約金が発生する場合が多々

通信速度が遅い可能性がある

サポートが薄い可能性がある

 

色々とメリットデメリットはあると思うのですが

月々の支払いがとっても安くなるのがやはり一番のメリットであると思います。

友人のプランでは、普段月々の支払いが8500円ほどであったのが、4000円ほどにできるそうです。

通信量は7GBから5GBになったり、携帯機種がiphoneでなくなることはあれど、ほぼ同スペックで使用に困らない感じで乗り換えできるそうで。

格安スマホ自体の値段は30000円あればよいモデルにできるみたいです。

電話も400円でかけ放題のプランが存在もしているみたいで、かかる費用については圧倒的におさえることができそうです。

 

 

2年契約が途切れそうなタイミングや携帯が故障してしまったときは、格安スマホに乗り換えるチャンスかもしれません。検討してみてください。

 

それでは!!
別記事で実際にある企業のスマホにした場合どうなるのかについてを書きたいと思います!お楽しみに!