Saku-Saku 情報発信基地 〜じゃないか説

さくっと楽しく。映画・英語・IT・アプリ・デザインと幅広く日々楽しめるようなものを書いています。

MENU

LINEスタンプについて

SPONSER LINK

LINEスタンプを作った経験があるので,せっかくなので作り方のようなものをまとめておこうかなという記事。売り上げはともあれ。笑

 

 必要なもの

まずは準備ということでこいつらは必要だよというもの。

・LINEアカウント
・画像
・PC

 ですかね。

あると良いもの

お次はこいつらがあると良いものが作りやすいよ!というものたち。

・お絵描きソフト
・ペンタブ
・画像編集ソフト

これらがあると非常にフレキシブルにスタンプを作ることが可能です。僕はmacとwindowsとあってSAI(お絵描きソフト)とペンタブがありますのでwindowsの方で描いてます。そちらで手書きして作成しております。

 

どうやればええの

まずはLINE Creatersのサイトに登録しましょう。登録後は振込先などの細かい情報の入力をしましょう。設定方法については記事を検索するとたくさんできますのでそちらを参考に。

銀行情報は送金する際に必要になります。確か1000円売り上げから送金が可能になります。ただ、銀行への送金の際の手数料が約500円かかりますんでまとめて送った方がよろしいということになってます。

 

そして肝心のスタンプ画像ですが計42枚の画像が必要になります。 

・main画像 × 1
・タブ用の画像 × 1
・スタンプとしての画像 × 40

ですね。

 

それぞれ保存形式はPNGファイルにする必要があります。透明の部分を持たせるためですね。JPEGの保存形式であったりすると透明化されているという情報が持てないのでスタンプの画像として使用することができないんですね。

 

またそれぞれの画像の大きさはそれぞれ pixelで

・main
  W 240 × H 240

・タブ
 W 96 × 72

・スタンプ用
 W370 H 320

となります。そのほかにもスタンプのタイトルや、スタンプの説明文も必要になります。

 

言ってしまえばそれだけ作成すれば申請し許可が通れば販売可能になります。今はスタンプ一つで31円の利益になるぽいです。昔の値段設定時に買われたコインだと少し値段が変わります。

 

スタンプは用意して専用のページで画像などをアップロード、説明文を記述して一度そのスタンプが販売にふさわしいかの審査があります。それを待つ必要があるわけですね。昔は申請して1〜2か月待ったこともあったようですが、最近では5日間ほどで返事がくるみたいです。

 

申請に拒否される理由としては簡単に一般常識がないものや文字ばかりのもの、ほぼコピーばっかりのものと言ったものは拒否されるみたいです。後、うんことか笑

 

スタンプ作ってみよう!

スタンプを出すのは非常にハードル自体は高くないと思います。40枚の画像を仕上げるのは大変ですがw

 

スタンプを出してるんだぜ!どや!ってしたい人は是非チャレンジしてみてくださいね